パーソナルスタイリストとして女性からファッション相談されるために必要な3つのこと

どのパーソナルスタイリストにファッション相談をしたらいいかわからない女性がたくさんいます

 
↑活躍できるスタイリストになれる詳しい秘訣は7日間無料メール講座で。上の画像をクリックすると5秒で登録できます♪
↓副業起業ストーリーはLINE公式で音声配信しています。下の画像をクリックし登録いただけます♪
 
 
  
 
こんにちは。
勅使河原 祐子です(プロフィールはこちら)。
 
 
パーソナルスタイリストが世の中にたくさんいすぎて 本当はすぐお願いしたかったのに、誰に依頼したら いいかわかりませんでした!

 よくお客様にそう言われます。

(それも1人じゃないです。1年に3-4人はいらっしゃいます。)  

その言葉を最初耳にした時、愕然としました。

なぜなら私は当時、どうやったらお申し込みしてくれるんだろう?

何をしたら私の存在を見つけてくれるんだろう?とばかり考えていたからです。

で、その言葉を耳にしてそれってもしや 間違い?ということに気づいたわけです。  

こういうことですよね。

自分の存在は認識しているけど お申し込みをする決め手がない。

お申し込みする一歩が でない状態。ってことですよね。

例えるならば、お店に同じようなお洋服がたくさん ありすぎて

選べない状態ってやつですよね。汗。

私はお洋服でそういう状態になること、あります。 あなたも、ありませんか??笑  

 

女性が相談したい思える素敵なパーソナルスタイリストってどんな人?

では、お願いしたいと思える、そんな素敵なパーソナル スタイリストって

どんな人なのでしょう?  

今回は私の失敗&試行錯誤した経験を踏まえ、相談されるパーソナルスタイリスト

になる秘訣 を「3つ」にまとめました。  

 

相談される素敵パーソナルスタイリストその1:自己開示している

パーソナルスタイリストといえども人間です。

スキルやノウハウだけだったら本やネット、youtubeに載っているので

そこから情報が得られるんですよね。

ではなぜわざわざ依頼するかというと、本やネット、youtube では

理解できないことを教えて欲しい。というのももちろんあります。

ですが会ったこともないスタイリストに申し込みをするって

結構勇気いりますよね。

そこを乗り越えるにはやっぱり スタイリスト自身がまず自己開示すること。

例えば好きなこと、 好きじゃないこと、思っていることを表現することも

自己開示の一つ。

趣味とか、一緒に暮らしている人とか、馴染みのある 地域とか、好きな食べ物とか。

たわいのないことでも いいんです。自分自身をアウトプットしていくのです。

それに慣れていくにつれて普段考えていることとか、 なぜお洋服が好きなのか?

なぜこの活動を始めたいと思ったのか?

当時は恥ずかしかったけど今となっては 笑い話だよ、みたいなエピソードとか。

そういった 「共感」される内容を出していきます。

 

実際、私は自己開示というものがずっとできま せんでしたね。

3年くらい。 恥ずかしい。批判されたくない。自分のことを

知られたくないと思っていました。

認知されてなんぼの仕事なのに都合よすぎ ますね、本末転倒ですね。。

まあ今思えば自己開示というものすら普段の生活でしていなかったので、

そもそも自分の思いを表現することが生活の一部になっていなかったというか。。

なので、具体的に何したらいいか?意味が わかりませんでした。

なので、ひたすら見苦しい着画画像を インスタとアメブロに載せ、

ちょこっと コーディネートの解説コメントを書いて いました。

 

私は徐々に自己開示をスタートしました。 それこそ好きなこと、苦手なことから。笑

そこから徐々に思いを伝えられるようになりました。

 

もし私のように自己開示が苦手な方がいらっしゃれば、 まず

「なぜ」を伝えるといいですね。しつこいくらい。

なぜ今日はこの服なのか?

なぜこれのコーデを読者に伝えたいのか?

なぜこのサービス提供するのか?

なぜこのサービスにフォロープランをつけるのか? って感じです。

最初は思い通り伝えられないんですが 続けていくと慣れていきます。

で、面白いことに自己開示ができるようになると共感してくれる人が増え

お客様と徐々に出会える ようになったんです。

 

なぜ自己開示したからお客様が来た、そう言えるの?については、

お客様に私を選んだ決め手を聞いたのです。

ブログに「XXXX」って書いてあったので、この人 だったら私のいうことをしっかり聞いてくれて信頼できるって思ったのです。

*「XXXX」って、私が自己開示した自分の価値観です。

私の思いに共感したから来て下さったのがわかったんです。  

というわけで、勇気を出して自己開示すればあなた自身のファンが増えますよ。

 

相談される素敵パーソナルスタイリストその2:話を聞いてくれる

お店でお洋服見ている時、 全然興味のない話題を具体的に

振って来られた 経験ってありませんか?  

私は何回かあるんですけど、 例えばなんかいい春物ないかなー、

買うとしたらスカートかなー、なんて店頭のスカートを触りつつ

妄想してた時 「このシャツ、可愛くないですか?今売れ筋で・・・」

みたいにお店の方が話しかけてくださる感じです。

となると、あ、相談しようと思ったけどやめとこう。 と心を閉ざしてしまいます。

 

こういう場合って、もしかしたらスカートをご提案くださっていれば

心が動きました。 あるいは「何か探していらっしゃいますか?」と

一言でも前置きや問いかけがあったら心は開いたままでした。。

 

 私はパーソナルスタイリストとしてお客様と出会えなかった頃、

この事例と同じようなことを 毎回していました。

とにかく一方的に自分が話したいことを話す感じです。  

 

例えるならば、雑誌「STORY」の内容の素晴らしさについて

熱く自分は語るけれども、 相手は「STORY」を読んだ

ことがない上、そもそもどんな雑誌が自分に必要か分からず

悩んで立ち止まっている状態、という感じです。

(このケース、いきなり「STORY」の詳細 を語る前に

相手が雑誌を選ぶ基準だったり、 どんな雑誌が巷にあるのか

をお伝えする必要があります=前置き)  

 

前置きや問いかけをワンクッション入れるだけで

相談する身としては安心しますよね。自分の話、聞いてくれるんだ。って。

ですので、前置きや問いかけを使いながら 相手の視点で話を聞くと

「信頼できる!」と 思ってもらいやすいですよね。  

 

相談される素敵パーソナルスタイリストその3:お客様の「ツボ」をおさえる

さて、あなたはインスタグラムでどんな人を フォローしていますか?

 私はですね、これは完全な好みの世界になりますが

・インスタでの投稿写真の雰囲気や世界観がツボの方

(全体の色合いや余白、統一感)

・着ていらっしゃるお洋服のテイストがツボの方

(私が個人的に心を奪われるのは、モード系だったり

色の組み合わせが「黄色と赤合わせちゃうんだ!」 といった個性的な方)

をついついフォローします。それでもってその方の ブログをチェックして・・・

といった感じです。

 

となると、私たちパーソナルスタイリストも一緒と 思いませんか?

醸し出す世界観や雰囲気がお客様にとってツボだったら 「会ってみたいな」

と思われる。ということです。

だからこそ、あなたにとってのお客様のツボをおさえると

ファンが増える可能性は高まりますよね。  

 

相談されるパーソナルスタイリスト 3つのポイントのうち、欠かせないのは、こちら

まとめます。相談されるパーソナルスタイリストのポイントは3つ。

 

 1、自己開示している

2、話を聞いてくれる

3、お客様の「ツボ」をおさえる 

 

ただしここで1点お伝えしておくと、たとえ3、のように

お客様のツボをおさえていたとしても、

1、自己開示して おらず、2、話を聞いてくれそうな印象が

なかったらどうでしょう?

「サービス受けようかな」とはまでは思えないですよね。。

 

街なかで「わぁおしゃれな外観!」って思ってお店の前までは

立ち止まるけど、室内が見えなかったりどんなサービスをしているか

分からないし怖くて入れない。 そんなお店ってありませんか?

まさにそんな感じです。 もったいないですよね。

 

というわけで、3つのポイントのうち優先順位が高いのは

1、自己開示している

2、話を聞いてくれる 

です。  

 

絶対に相談しないパーソナルスタイリストってどんな人?

ここまでいかがでしたでしょうか?

最後に、私が絶対に依頼しないパーソナルスタイリスト はどんな人か?

写真を載せておきます。

これら、2014年の私です。笑 昔書いていたアメブロの記事です。

1年近くこんな感じでしたね。 この時すでにパーソナルスタイリスト

と名乗っていましたが、この人には依頼しないよね、と改めて反省しました。

 

先にあげた、相談されるパーソナルスタイリスト 3つのポイントの全てが

欠落していていますよね。。

これでは依頼が来ないことは 私の経験で実証済みです。。。

 

というわけで、ぜひ3つのポイント(特に1、2!)をおさえて

いきましょうね。それには「私がお客様だったらどうだろう?」目線が大事。

 

行動に迷いが出たら、この目線を頼りに実践していきましょうね!

そうすれば、インスタグラムのハッシュタグ検索やグーグル検索で

あなたの存在を見つけ、そして立ち止まり、 内容や雰囲気そして思いに

共感してくれる人は必ず現れます。

みんながみんな、同じスタイリストがいいわけではありません。

あなたを探しているお客様、あなたのファンになりたいお客様は必ずいます♪  

 

信頼されるパーソナルスタイリストになりたい方は、専門家に相談を。

とてもわかりやすく”なるほど”と頷きながら読みふけってしまいましたー!
毎日メールが来るので楽しみでした!元気が出ました!
動画で言っていた、”パーソナルスタイリストの仕事はすべてのファッションの仕事の○○!”というところにすごく納得できました。
あっという間の7日間でした。引き算してもっとシンプルに自分らしく出来る方法を考えなくては行けないと思いました。色々悩み経験されたお話は、とても心に沁みました。本当にありがとうございました。

このようなお声をいただいている 7日間 無料メール講座

経験、資格、センス不要。理論からファッションを学び仕事にする!売れるパーソナルスタイリストに なる7STEP  

7日間に渡り、信頼されるパーソナルスタイリストとして

活動を軌道に 載せる秘訣を無料でお伝えしています。  

パーソナルスタイリストのお仕事内容をより具体的にイメージしたい方はどうぞ!

今なら登録していただくと、 2つの特典もプレゼントしています。  

 

特典1:

動画レッスン 「個人向けスタイリストで起業したことで、私は好きなことを してもビジネスになる方法を手に入れました」

 特典2:

マル秘資料「失敗しないショッピング同行 11のチェックリスト」  

↓↓↓ こちらをクリックすれば、5秒で登録できます。

経験、資格、センス不要。理論からファッションを学び仕事にする!売れるパーソナルスタイリストに なる7STEP


【公式LINEではスタイリスト副業・起業ストーリーお届けしています】

無料音声講座をプレゼントしています♩

①「スタイリストの生活、仕事内容を赤裸々に語る起業ストーリー」 

②「選ばれ続けるスタイリストになる3つのポイント 」

こちらをタップして5秒で登録いただけます

↓      ↓      ↓

LINE公式アカウント

無料講座プレゼント

「スタイリストの生活、仕事内容を赤裸々に語る起業ストーリー」 

「選ばれ続けるスタイリストになる3つのポイント 」

     ↓  ↓  ↓
友だち追加

 
 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ファッション起業アドバイザー 勅使河原 祐子
立教大学社会学部社会学科 コミュニケーション専攻後、エスモード・ジャポンでファッションマーケティング専攻。通算20年に渡り、国内最大セレクトショップ、老舗商社、年間売上100億円企業のブランド、外資ハイブランドファッション企業で商品の売上予測、生産コントロール、予算作りに携わり、年間10万人以上の女性に売れる商品を提供。その経験を生かし2016年に個人向けスタイリングアドバイス開始するも、お客様0の状態が1年続く。試行錯誤してお客様に愛されるスタイリストになる秘訣を手に入れ、資格に頼らず年間100人以上のスタイリング提案に関わる。「服選びのモヤモヤ」を解消し「納得のいく服選び」ができるようになる独自のスタイリングメソッドが好評。2018年より、女性向けパーソナルスタイリストになりたい方へ、実践的なファッション知識、ビジネス力を上げる継続講座をスタート。年代は20代から50代まで、アパレル経験有無問わず、日本全国から受講いただいている。